奇跡の善玉ホルモン「アディポネクチン」

アディポネクチン,増やす,サプリ

長寿ホルモン&やせホルモンとして、世界中で注目されている「アディポネクチン」
メタボリックシンドロームや動脈硬化、肥満、糖尿病などを予防してくれる超善玉ホルモンです!
そのアディポネクチンを増やす方法、効果的なサプリメントをご紹介します。

 

アディポネクチンとは?

アディポネクチンは人間の脂肪細胞から分泌されるホルモンです。
その歴史はまだ浅く、発見されたのは1996年、ホルモンであることが確認されたのは2003年。
いずれも日本の研究者の功績です。

 

アディポネクチンは脂肪の燃焼を促し、メタボリックシンドロームや糖尿病の予防、さらには動脈を修復して動脈硬化の予防などの効果が確認されており、長寿&肥満防止ホルモンとして、現在世界中で研究が進められています。

 

アディポネクチンは、脂肪細胞から分泌される分泌蛋白である。血中濃度は一般的なホルモンに比べて桁違いに多く、μg/mlオーダーに達する。作用としては、インスリン受容体を介さない糖取り込み促進作用、脂肪酸の燃焼、細胞内の脂肪酸を減少してインスリン受容体の感受性を上げる作用[1]、肝臓のAMPキナーゼを活性化させることによるインスリン感受性の亢進、動脈硬化抑制、抗炎症、心筋肥大抑制など、多彩である。
血中アディポネクチン濃度は内臓脂肪量に逆相関する。そのメカニズムは不明な点が多いが、一部は肥満脂肪組織で増加するTNF-αなどによるものと考えられている。
骨格筋においてアディポネクチンは受容体に結合し、AMPキナーゼを活性化して、通常はインスリンにしか反応しないインスリン感受性のグルコーストランスポーターであるGLUT4を膜の表面へ移動させ、グルコースを取り込む作用がある[3]。運動の結果によりアデノシン一リン酸(AMP、アデニル酸)が増加することが知られているが、このAMPがAMPキナーゼを活性化する経路と同じである。つまり、アディポネクチンは、インスリンの作用を介さずに、運動効果とほとんど類似のグルコースを取り込む作用を示すことになる
(Wikipediaより)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%9D%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3

 

アディポネクチン,増やす,サプリ

アディポネクチンの効果・働き

血管の修復
血管の修復→血流を改善する→動脈硬化の予防・改善
中性脂肪の減少
糖尿病の予防
インスリン感受性を高める→血糖値を下げる→糖尿病の予防・改善
メタボリックシンドロームの改善
高血圧の予防
血管を拡張する→血流を改善する→高血圧の予防・改善
抗ガン作用
脳卒中の予防
心筋梗塞の予防
高脂血症の改善
脂肪燃焼を高める→余分な脂肪の蓄積を防ぐ→脂質異常症の予防・改善
コレステロールの正常化
老化防止
血栓の予防
インフルエンザの予防
生活習慣病の予防

 

アディポネクチンの具体的な作用

メタボリックシンドローム・肥満防止効果

人間のホルモンは星の数ほどありますが、その中でも最も有名なのは”インスリン”でしょう。
食事で摂った糖質は分解されて血液の中にグルコースとして流れ込んでいきます。
このグルコースを細胞に取り込ませてエネルギーとして消費させるのがインスリンの役割です。

 

インスリンによって血液中の糖質や脂質の濃度は一定に保たれていますが、このインスリンの働きが弱まると、血糖値をコントロールできなくなり、糖尿病などを発症してしまいます。
そこまで行かなくても、血液中で過剰となった糖質や脂肪は、体脂肪として蓄えられるため、肥満の原因となります。

 

アディポネクチンには糖質の代謝を促進し、インスリンの働きを助けるため、肥満や糖尿病を予防する効果があります。

 

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型の肥満に加えて高血糖、高血圧、脂質異常症のうち2つ以上を合併した状態の事で、近年生活習慣病につながる疾病として知られています。
アディポネクチンは、糖質やコレステロールの代謝に関与することから、メタボリックシンドローム予防に役立つと考えられているのです。

 

高血圧・動脈硬化の予防効果

アディポネクチンは血中に含まれ、全身を巡って傷ついた血管を修復する作用があります。
加えてく血管を拡げることで血液の流れを良くするため、動脈硬化を予防する効果もあるのです。

 

動脈硬化とは、動脈にコレステロールや脂質がたまって弾力性や柔軟性がなくなった状態のことですが、
アディポネクチンは前述の脂質代謝を促進する効果も合わせて、血液をサラサラにしてくれるのです。

 

血管を拡張して血流を良くすることで、高血圧の予防にも効果的です。
高血圧の状態が続くと、血管が損傷して心筋梗塞、脳梗塞などの病気の原因となってしまいます。
これらの症状を予防するため、アディポネクチンは長寿ホルモンとも呼ばれているのです。

 

長寿の人はアディポネクチンが多い

「メタボリックシンドローム」という言葉を最初にテレビで紹介した医師、岡部正さんの調査によると、
1700名以上の患者のアディポネクチン値を調べた所、75歳以上の人から急に平均値が高くなることがわかりました。
アディポネクチン,増やす,サプリ

 

一般的に、どのホルモンも加齢と共に分泌量は減るため、75歳以上でアディポネクチンの分泌量が増えるとは考えられません。
このデータは、「元々アディポネクチンが多い人は75歳以上の長寿になることが多い」事を示していると思われます。

 

また、慶應義塾大学の研究では、超高齢者(100歳以上)の血中アディポネクチン値は、平均の2倍以上あると報告されています。
アディポネクチン,増やす,サプリ

 

アディポネクチン,増やす,サプリ

 

>>中高年からの健康を考えたサプリメント【DSアディポ】

 

アディポネクチンを増やす方法

アディポネクチンは、人間の脂肪細胞で生成されるホルモンであるため、外部から直接取り込むことはできません。
しかし、アディポネクチンの分泌を促す栄養を摂ることで、その体内量を増やすことは出来ます。

 

アディポネクチンを増やす食品

亜麻仁油

亜麻の種子から得られる油で、ω-3系脂肪酸のαリノレン酸を多く含んでいます。
αリノレン酸はアディポネクチンを増やすと報告されています。
また亜麻仁(亜麻の種子)に含まれるセコイソラリシレジノールという成分(リグナンの一種)も、アディポネクチンの産生を高めるといわれています。

 

大豆抽出物

アディポネクチンの発見者である大阪大学の松澤佑次元教授により、大豆たんぱくにアディポネクチンを増やす作用があることを、マウスを用いた実験で明らかにされています。
大豆タンパク中のβ−コングリシニンが内臓脂肪を減らすためと考えられています。

 

シークワーサー

シークワーサーの果皮に含まれるフラボノイドの一種「ノビレチン」は、アディポネクチンを増やすことが実験で証明されています。

 

マグネシウムと食物繊維を多く含む海藻類

マグネシウムと食物繊維を多く含むわかめやひじきなどの海藻類なども、アディポネクチンを増やすのに効果的と言われています。

 

脂肪が増えて太るとアディポネクチンは減る

アディポネクチンは脂肪細胞から分泌されるホルモンですから、脂肪が増えて太れば分泌量も増えるように思えますが、実際はその逆です。
このメカニズムはまだ完全には明らかになっていませんが、考えられるのは脂肪細胞内の環境悪化です。

 

「脂肪が増える」というのは、脂肪細胞の数が増えることではなく、脂肪細胞のひとつひとつが大きくなることです。

 

脂肪細胞が大きくなると、細胞の中はパンパンに膨れて、形がいびつになり、ぶつけた所がが腫れるのと同じように、細胞に炎症が生じます。
こうなると、脂肪細胞からは悪玉物質が分泌されるようになり、その代わりに善玉のアディポネクチンの分泌は減ってしまうのです。
アディポネクチン,増やす,サプリ

 

ですから、アディポネクチンを増やすために一番にすべきことは、「脂肪(特に内臓脂肪)を減らして痩せる」ことです。

 

簡単に痩せられない人、痩せているのにアディポネクチンが少ない人

「アディポネクチンを増やすには、内臓脂肪を減らそう!」と書きましたが、そう簡単にダイエットできるなら苦労しないよ!という方も多いと思います。

 

また、そもそも太っていないのにアディポネクチンが元々少ない人というのも存在します。
日本人には、太っていなくても遺伝的にアディポネクチンが少ない人が30〜40%いると言われています。

 

このような人の場合、普段の食事や運動習慣ももちろん大事ですが、それに加えてサプリメントでの栄養補給が推奨されます。

 

アディポネクチンを増やすサプリ

日本におけるメタボリックシンドローム研究の第一人者でもある、前述の岡部正さんが監修したサプリメント「DSアディポ」が株式会社ソルブから発売されています。
アディポネクチン,増やす,サプリ
>>中高年からの健康を考えたサプリメント【DSアディポ】

 

 

「アディポネクチンを増やす」効果に特化したサプリメントは、実質このDSアディポ一択というのが現状です。

 

アディポネクチン,増やす,サプリ

DSアディポはこんな方にオススメ

○糖尿病を予防したい方
○メタボリックシンドロームを予防・改善したい方
○高血圧を予防・改善したい方
○動脈硬化を予防したい方
○ダイエットをしている方

 

このDSアディポは、岡部正さんが10,000以上の科学論文の中から、アディポネクチンを増やすとされる成分として選びだした3つの成分(シークワサーエキス、大豆抽出物、亜麻仁油)を十分に配合し、さらに”血液サラサラ成分”として有名なごまセサミンを含むリグナンリッチ黒ごま油も配合しています。

 

どの成分も通常の食品から十分な量を摂ることが難しい成分で、サプリメントでの補給が推奨されています。
これらの成分を十分に配合し、安心安全な国内製造にこだわったDSアディポ。

 

医師として研究者として、メタボリックシンドロームを始めとする生活習慣病と長年向き合ってきた岡部正さんが、
10000以上の文献と2000人以上の患者のデータから導き出した配合量ですので、その信頼度も高いと思います。

 

岡部正さんインタビュー

要約:アディポネクチンは、長寿ホルモンとも呼ばれていて1996年大阪大学で発見されました。肥満したねずみの実験でアディポネクチンを高めると寿命が延びることや100歳以上の長寿の方のアディポネクチン値は通常の2倍あることなどから、アディポネクチンを長寿ホルモンと呼ばれるようになりました。
アディポネクチンを増やす成分を抽出したのがDSアディポになります。
αリノレン酸オメガ3脂肪酸、シークワーサーエキス(ノビチレンというポリフェノール)、そして大豆タンパクのβ-コングリシニン(アディポネクチンを発見した大阪大学がアディポネクチンを増やすことができる成分とした)などを抽出したサプリメントになります。

 

アディポネクチン,増やす,サプリ
岡部クリニック院長 岡部正さん
「現代の医学で認められた高品質な成分を高濃度に補う自分自身で飲みたいと思うサプリメントを作りたかった。」
DSさらさらの商品開発には、亀田総合病院副院長を経て、東京・銀座に肥満・メタボ外来で糖尿病専門の岡部クリニックを設立した岡部正(おかべただし)先生が監修しております。

 

体脂肪を減らす減量法を定着させたり、“かくれ肥満”という造語が流行語となったり、
また、テレビで初めて“メタボリックシンドローム”を取り上げ、警鐘を鳴らすなどの活動で知られています。

岡部 正(おかべ ただし)

 

●経歴
岡部クリニック院長
1953年東京生まれ。1978年慶應義塾大学医学部卒業。
カナダ、カルガリー大学留学。医学博士。

 

日本病態栄養学会評議員、日本糖尿病学会認定専門医・指導医、日本肥満学会会員。

 

●出版本
・奇跡のホルモン「アディポネクチン」 講談社 2007年
・「かくれ肥満」が危ない! 青春出版社 2009年
・100歳まで現役 アディポネクチン長寿法 有楽出版社 2013年
などなど

 

●出演した番組
「おもいッきりテレビ」「寿命をのばすワザ百科」
「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)、「ザ・怪傑ドクター」(TBS系)
「主治医が見つかる診療所」「解決スイッチ」(テレビ東京系)
「垣花正あなたとハッピー」(ニッポン放送)などに出演。

 

●人物
・亀田総合病院副院長を務めた後、オーダーメイド医療を理想に、東京・銀座に岡部クリニックを設立。
 専門医として生活習慣病の予防と治療に長年携わる。生活習慣病の第一人者。

 

・テレビやラジオ等に出演、テレビで初めてメタボリックシンドロームを取り上げ、警鐘を鳴らした。

 

・著書によって紹介した「かくれ肥満」という造語が流行。

 

・フリーアナウンサーみのもんた氏の糖尿病の主治医でもある。

 

詳しくは公式サイトで♪

▼▼▼CLICK▼▼▼

>>【DSアディポ】公式サイト<<